美味しい紅茶でティーパーティーを楽しむ 【基本の紅茶 リーフ編】

2017.10.05

私は日に何度もティータイムをとります。
少し時間があると思うとキッチンで湯を沸かし、紅茶を淹れる準備をはじめます。
スタッフにも仕事の合間に、「そろそろ紅茶でもどう?」と声をかけティータイムをとりますし、朝も夜も紅茶ではじまり紅茶で終わります。
茶葉は常に数種類ストックしてあります。
リーフだったりティーパックだったり様々です。
ティーパーティーを開くこともしばしば。
季節の菓子を焼いたり、お気に入りの菓子や軽食を持ち寄ったりして午後の数時間を過ごします。
ホームパーティーと違いティーパーティーは手軽に楽しめるのが魅力です。
ティーパーティーを楽しむためには、やはり美味しい紅茶が欠かせません。

今回は自宅でティーパーティーを楽しむための美味しい紅茶の淹れ方をご紹介します。


基本の紅茶道具

おいしい紅茶を淹れるためには、さまざまな道具が必要になります。
ただ自宅で気軽においしい紅茶を淹れて楽しみたいというとき、沢山の道具を揃えるのは大変です。
今回は、最小限必要なものをご紹介します。

茶葉

お好みの紅茶を用意しましょう。

ティーポット

保温性の高いガラス製か陶器製で丸型のものが最適です。

ティーカップ

香りの広がりやすい口の広がっているものが紅茶には適しています。

茶漉し

紅茶用で販売されているものがベストですが、ない場合は目が大きすぎないものを選ぶようにしましょう。

ケトル

湯を沸かすためのものです。人数分の湯が沸かせるサイズのものを準備しましょう。


紅茶の基本のいれ方

大事な基本のポイントをおさえて香り高い紅茶を楽しみましょう。

湯は95℃を目安に

1.水道の蛇口から勢いよく出した水道水を強火で沸騰させて下さい。目安は沸騰した95℃の湯です。沸騰しきっていない湯を使うと茶葉がうまくジャンピングしないため、香りや風味が出にくくなってしまいます。

陶器は温めておく

2.湯でティーポット、ティーカップを温めておきます。ティーポットやティーカップが温まっていないと、紅茶を注いだ時に温度が下がってしまいます。

湯は高い位置から注ぐ

3.リーフをティーポットに入れ湯を少し高めの位置から注いで下さい。空気を含ませながら注ぐのがポイントです。

最後の一滴まで大切に

4.茶葉を蒸らしたのち、最後の一滴まで注いで下さい。美味しい紅茶へと導く大切な最後の1滴ですので焦らすに注ぎきりましょう。

さあ召し上がれ・・・

5.紅茶がはいりました。ミルクや砂糖を入れるのもいいですが、まずはストレートで紅茶の香りや味わいを楽しんでみてください。


水は何を使えばいいの?

紅茶用の水は、ミネラルウォーターを使う必要はありません。日本の水道水は軟水のため、紅茶の水に最適ですし、美味しい紅茶を入れるためには水の中に多くの空気が含まれている新鮮な水であることが必要です。水道水をケトルに入れ、すぐに強火で沸騰させ使いましょう。
汲み置きの水や2度沸かしのお湯などは、空気がふくまれていないので、茶葉がジャンピングせずに、紅茶のお湯としては適しません。


リーフでいれる紅茶は、ティーパックと違い道具も時間も必要になりますが、その手間をかける時間に聞こえてくる湯の沸く音、部屋に広がる紅茶の香りが幸福な時間へと導いてくれます。
菓子や軽食とともに素敵なティーパーティーを楽しんで下さい。

 


時々ホームパーティーする日常

ティータイムと家族や仲間とのコミュニケーションを大切にする事で、毎日がかけがえのない時間になる事でしょう。そして時々ホームパーティを開くことで、そのコミュニケーションが一層深く、質の高いものになりますよ。

ホームパーティー初心者の方のおススメのサービス【集eat(つどいーと)】をご紹介します。


http://tsudoi.duskin.jp/

素敵なホームパーティーを開くために必要な食材と調理器具、アルコールをネットで注文して宅配便で受け取れるという手間いらずのサービスです。

この記事を書いた人

料理研究家・フードデザイナー しめぎひとみ
ホームスタイルのおもてなし料理教室 カルネスタイル主宰

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • LINEで送る